リールのハンドルベタベタを治す方法

カヤックフィッシングで愛用しているシマノの古いツインパワー。主に98、02モデル。

予備のリールを久しぶりに出してみるとハンドルがベタベタ。

メンテナンスし易くてお手頃価格、ドラグ性能も自分の釣りレベルなら十分なリールなのだが、やはり経年劣化は否めない。

手に何かつくかといえば着かないような、でも明らかにベタベタしてて、素手での釣りには使いたくないレベル。

これを何とか治す方法はないものかと調べると、ネット上であっさり発見。

その方法とは、パーツクリーナーでこする(だけ)というもの。

こんな簡単なことなら試してみようと早速、パーツクリーナーを使ってみる。

手元にあったのがプラスチックセーフというプラスチックやゴムを痛めないタイプのものなので、ゴム製のハンドルにも良さそうな気もする。

KURE パーツクリーナー プラスチックセーフ 3021 420ml

最初に全体に一吹きしたあとで、ペーパータオルにも吹きかけてゴシゴシしてみる。

ネットでやってた先人は色が変わったとか、マットな手触りになってしまうと書いていたが、そのような見た目の変化はなし。

プラスチックセーフが逆効果?と思いつつ仕上がりを触ってみると・・・

あら不思議。見た目は変わってないけど、完全にベタベタはなくなり、なんならツルッとしてる感触。

これは素晴らしい!

この効果がどの程度持続するか経過をみる必要はあるけれど、少なくとも応急処置としては間違いなさそう。

これでまた旧型リールを永く愛用することが可能になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA