朝活カヤックフィッシング 2022シーズン開幕戦

昨年末に冬眠してから長いシーズンオフが続いていたカヤックフィッシング。

ようやく、自分の基準の最低気温10度を超えたので、今シーズン初めて浮くことにした。

今日もすっかり定着した在宅ワーク前の一仕事としての朝活カヤックフィッシング。

暖かくなったとはいえ、朝はまだ辛うじて10度超え、北風が吹くことも多いので海の上の朝は寒い。

ウェアは晩秋と同じ、パドリングジャケットandパドリングパンツのセミドライ仕様。

日の出は5時頃だが満潮が6時頃なので、ゆっくり5時少し前に起きて、5時15分頃海岸到着。

北風が少し吹いているが波は穏やか。

久しぶりのカヤックフィッシングでは、大抵、致命的な忘れ物をする。

今日こそはないだろうと思いながら、出船準備を進めると、幸い致命的ではないけれど、ミラージュドライブのリーシュコードが付いてない。

仕方なく小道具用のコードを外して、高価なミラージュドライブ用にセット。

あとは何もミスがないから、まぁ、上出来。

そして、久々に愛艇ホビーカヤックレボリューション13に乗り込み、沖の根に向かった。

道中、魚群探知機(HONDEX PS-611CN)に移る海中の様子はイマイチ。

結局目的地に到着しても、まったくといっていいほど魚の反応が出ていない状態。

少し離れた根の様子を見に行くと、なんとか薄っすらと反応があるので、ジグサビキのショットガンを投下すると、15センチほどのアジ1匹、10センチほどのサバ1匹を捕獲。

すぐに泳がせ仕掛けにセットしてあたりを待つ。

しかし、当たりはなく、あえなく2匹の餌を失った。

8時ころになり、ひとまず納竿として、帰り道、湾内の様子を少し見て帰ることにした。

湾内に到着すると、意外にも、そこはおさかなパラダイス。

小さめのカタクチイワシやサバがワンサカいる様子。

落とし込んでも何も食わなかったけれど、シーバスはうろうろしていそうだ。

今日のところは、時間も9時近くなっていたので、お昼御飯用に数匹の小魚を捕獲して持ち帰り、シーズン初戦を終了とした。

長く休んでいると、海に出るのが少しおっくうになっていたところもあるけれど、やはり海は気持ちいい。

例年、ゴールデンウィークあたりから、かなり海もにぎやかになってくるが、その気配をしっかり感じられたので、この先が楽しみだ。

ちなみに、持ち帰った小魚は3時間ほど干して、昼ご飯に食べたけれど、これがまた絶品。丸ごと干して丸ごと食べるだけの超簡単メニューだけれど、たまらなく美味かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA