朝活カヤックフィッシングでサバ

気持ちよく晴れて、風無し凪、行くしかないでしょ、と在宅ワーク前に一仕事。

今日も朝はまだ少し冷えるのでセミドライ仕様は前回と変わらず。

海岸到着は5時少し過ぎ。

今日は前回魚の多かった浅場狙い。

釣り方はジグサビキのショットガンで餌となる小魚を釣って落とし込む。

狙いは青物、ヒラメ、カサゴ、なんでも良し。

早速湾内の水深5-7mを見ていくと、魚群探知機(HONDEX PS-611CN)には帯状のベイトフィッシュの反応。

ジグサビキのショットガンを落とすと、10cm程の小サバ。

ジグサビキロッド2本用意して、一本は落とし込んでから置き竿。

もう一本にも小サバが釣れたので、手持ちのまま落とし込むと、すぐに何かが食らいついた。

その直後、置き竿にもアタリが来てしまい、仕方なく置き竿は少しドラグを緩めておいて、手持ちのリールを巻き取り。

久しぶりのまともな手応えで釣れたのはサバ。

サバでサバ?餌がカタクチイワシだったと思いたい・・・

40cm程あるなかなかサイズ。

置き竿の方は放置する間にバレてしまったが、まずまずの出だし。

しかし、後が続かない。

そこで、少し深いところへ移動。

すると、水深13mあたりで魚群探知機の画面にお魚パラダイスが映し出される。

待ってました!

これは間違いなくクーラー満タン、と意気込んでジグサビキのショットガンを投下。

しかし、魚群の濃さの割に、なかなかサビキ針にベイトフィッシュがかからない。

そして、餌を付けるべくショットガンを繰り返していると、今度はジグにサバがヒット。

初めて使ったダイソージグだ。

美味しそうなサイズなので、慌てて締めてワタを取ってしまい、写真撮り忘れたけれど、やはりダイソージグでも魚は釣れるようだ。

その次には定番のジグにもサバがヒット。

その後、一度ジグにヒットしたサバを船べりでばらしたりするうち、潮止まりの時間に近づき、群れの反応も少なくなってしまったので、8:00納竿。

ベタ凪の海、十分楽しめた。

連休もコンディションが良いことを願う!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA